コンタクト情報

看護師の日常に悩みを公開していきます!

看護師の悩みはたくさんあります。毎日の業務も患者様と向き合いながら、責任の重い仕事ですから、ミスも許されないですし、毎日ストレスと戦いながら過ごしています。勤務形態が日勤だけではなく夜勤や遅番など様々な事もあり、友達ともプライベートがあわず、なかなかストレスの発散ができないまま日常がすぎていく事に悩んだ事もありました。また、女性らしい出会いもプライベートが充実しにくい事もあり、異性との出会いも少なく、服装や化粧に気を使わなくなってきた頃にはかなりまずいなと感じたこともあります。そんな看護師の日常について語りながら、様々な情報を公開していきます。

通所介護施設での看護師勤務

通所介護施設とは、いわゆるデイケアやデイサービスといった介護施設のことです。この二つの違いは、日常のトイレ介助や入浴介助などを行う施設の事をデイサービスといい、リハビリを含めて身体の機能維持などのケアを図るのがデイケアです。こういった通所介護施設は年々高齢者の増加に伴い増加傾向にあり、看護師の需要も高まっています。通所介護施設には、本当に介護を必要としている方から、健康の維持目的や社会の交流の場として利用されている方まで、利用目的は様々なので、看護師としても利用者の主訴をきちんと確認した上で看護師としての業務を行っていく必要があります。

 

詳しい通所介護施設での業務内容についてはこちら!

医療品であるコンタクトレンズとは

コンタクトレンズは現代ではかなり普及を見せています。カラーコンタクトレンズも幅広い年代で使用され、目もオシャレをする時代になりました。

そもそもコンタクトレンズというのは、メガネと同じように近視や遠視、乱視の方の視力を補正する目的で作られていますが、メガネとは違い、直接目の上に乗せて、接触させている点が最も違うところでしょう。直接目の角膜の上に乗せることによって、鮮明に補正できる視野も広がり、メガネと違い曇ったり汚れたりして、見難くなることが少ないのが特徴です。また、視力の違いによって、レンズの幅に変化がほとんどなく、メガネのように厚みを増して視力の補正を行うことがないのも普段の容姿を変えることがないのも優れた点でしょう。目の角膜というのは、血管による栄養補給や酸素の共有がないため、外気から酸素を取り入れています。コンタクトレンズを使用することでどうしても外気からの酸素の供給というのは下がるため、正しく使用して、目に負担をかけすぎないようにするのが重要です。今日のコンタクトレンズというのはコンタクト自体の酸素透過性もかなり向上していますので、正しく使用することで目の安全を確保することに繋がります。

コンタクトレンズのデメリット

コンタクトレンズは直接目の上に乗せて接触させるため、使用方法を間違えたり、正しく扱わないと目に負担をかけ、視力の低下や目の病気にかかってしまう恐れがあります。容姿を変えずに視力の補正ができる優れた点に対して、レンズを洗浄したり、使用時間のを長くしない、レンズの使用期日を守るなどの制限があるのも特徴です。また、コンタクトレンズは高度医療機器に分類されているので、医師の処方を元に定期的に検診を受けて目の状態管理を行う必要があります。そういった手間があるのは事実ですが、それに見合った機能性を十分に持ち合わせているのがコンタクトレンズの魅力です。

レンズの種類

コンタクトレンズには主にソフト用のコンタクトレンズとハードタイプのコンタクトレンズ、カラーコンタクトレンズがあります。また使用期日によっても選択肢があり、一日で使い捨ての物もあれば、2週間、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月と一枚のコンタクトレンズが使用できる期間も決まっています。基本的にはどのタイプのレンズも洗浄の仕方は変わりないのですが、使用期間が長いほど汚れが沈着しやすい可能性は高くなるので、きちんとした手入れが必要でしょう。